子供の矯正治療|シライ矯正歯科クリニック|山梨県大月市

子供の時期の矯正治療は、将来への良い歯並びへの準備をすることです。早期に問題点を解決することで、顎の正常な成長発育が期待できます。成長段階にある子供は歯やあごの骨のコントロールがしやすく、成人と比べて早く治療を終えることができます。

矯正治療を始める時期は?

永久歯が生えそろう前、つまり乳歯の残っている段階で検査や治療を始めると、この先の本格治療に向けて万全な準備ができます。不正咬合になるには、いろいろな原因があります。早期にそれらの原因を除去することは、患者さんの治療結果に大きな影響を与えます。不正咬合が心配になりましたらまず相談に来院してください。もっともよい方法を考えます。初回は相談のみになります。お気軽に来院してください。

歯並びが悪いと…

歯並びの悪さは見た目だけの問題でなく、健康面・心理面にも影響を及ぼすことがあります。

虫歯や歯周炎になりやすい。
よく噛めない(咀嚼障害)
発音障害を起こす。
顎関節症を誘発する。
顎変形症を誘発する。
顔のかたち(顔貌)を悪くしてしまう。
心理的コンプレックス(劣等感)の原因となる。
他人に対する印象に不利となる。

子供の矯正治療のメリット

子供には虫歯や歯周病の治療跡がほとんどありません。銀歯などの修復物がない分、大人に比べて矯正装置がつけやすいのです。 また、成長に合わせて治療をコントロールすることもできます。

顎の正しい発育を促す
顎の成長コントロールすることにより、顔立ちも改善することができ、治療の仕上がりがより良くなります。咬み合わせが悪い状態のままにしておくと、顎が変形してしまうことがありますが、これを防ぐことができます。
永久歯を正しい位置へ導く
乳歯を抜くタイミングを調整することにより、永久歯を正しい位置に導くことができます。乳歯の虫歯を予防することで、永久歯が生えるスペースを失うことがなくなります。
抜歯の可能性が減る
成長期に狭い顎を横方向に広げたり、歯を前方に移動させたりして、永久歯の並ぶスペースを獲得することによって、抜歯の可能性を減らす事ができます。
虫歯予防ができる
矯正期間中は1~2ヶ月おきに歯科医院へ通う必要があるので、その際に虫歯の予防を行えば非常に効率的に虫歯予防ができます。
よくあるご質問 さまざまな装置 治療の流れ 症例のご紹介 予防矯正とは 子供の矯正治療 成人の矯正治療