成人の矯正治療|シライ矯正歯科クリニック|山梨県大月市

「矯正治療=子供が受ける治療」というイメージを持たれている方も少なくないでしょう。しかし実際には、成人になっても高齢になっても矯正治療を受けることは可能です。むしろその後の口腔内環境を良くし、いつまでもご自分の歯で噛み続けたいとお思いなら、ぜひ矯正されることをお勧めします。
また、最近では目立たない矯正器具もあり、審美的な不安から矯正治療を敬遠されていた方も治療しやすくなってきています。患者さんの歯の状態にもよりますが、ぜひご相談下さい。


成人矯正のメリット

大人になってからの矯正には以下のようなメリットがあります。

自己管理ができる
子供が歯列矯正をするのと違い、ご自身が決めて説明を受け納得し、歯列矯正治療を開始するので最後まできちんと続ける方がほとんどです。結果として効率的な治療を受けることができます。
治療計画が立てやすい
成長期の治療に比べると歯の移動速度は遅いので、一般的に成人期の治療の方が少し長引くことがありますが、その反面、成人の治療は成長発育がほとんどないため歯列矯正治療計画を立てやすいという利点があります。
治療法の自由度が高い
子供に行なわれる歯列矯正は「ブラケット法」と呼ばれる、金属製の器具を前歯に装着して三次元的に歯の生え方を矯正する方法が主流です。
部分的な矯正が出来る
子供の歯列矯正は、全体的な矯正となるため時間が掛かりやすくなります。逆に成人矯正は、前歯だけの矯正や抜歯などによる部分的な矯正を行うことが出来るので治療期間を短縮することが出来ます。
虫歯・歯周病予防
歯並びが悪いと歯ブラシが届きにくく歯垢がたまり、虫歯になりやすくなります。歯並びをきれいにすることで口腔内の環境を改善し、より健康的な歯を保つことにつながります。

成人矯正治療例

矯正装置には様々な種類があります。患者様の年齢やお口の状態により、使用する器具が変わります。また、装置によって治療期間の長さも異なります。日常生活に支障がないよう、個々の患者様に最も適した装置をつけられるよう、じっくり話し合って治療方針を決定します。

ワイヤー矯正

ワイヤー矯正は歯に「ブラケット」という装置を取り付け、そこにワイヤーを通して少しずつ歯を動かしていく最もスタンダードな矯正法です。

ワイヤー矯正は歯にブラケットを付けなければならないので見た目があまり良くありませんが、ブラケットには金属のもの以外にも、透明のプラスチックやセラミックで出来たものもあります。

 
舌側矯正(裏側の矯正)

裏側(舌側)矯正とは、ワイヤーやブラケットなどの矯正装置を全て歯の裏側に付けるので、表側からは矯正をしていることがほとんど分からなくなる方法です。装置が見えてしまうことが気になる方や職業上の制限などで、矯正治療そのものを断念せざるを得なかった方には適している矯正法です。
しかし、違和感が強いこと、治療期間が長くなる傾向があること、歯を並べることが難しくなること、治療費が割高になる(約1.5倍)ことなどのデメリットもあります。

 
インビザライン

インビザラインとは従来のワイヤー(針金)を使用しない最新の矯正治療法です。コンピュータの3Dでデザインされた透明なマウスピース状のものを段階的にはめて矯正します。従来の矯正器具に比べるとあまり目立たないのが大きな特長です。また、摂食や清掃時に取り外し可能なため、治療中口腔および歯周組織の健康が、よりよく維持されます。部分的な矯正治療に最適です。

 
インプラント矯正

インプラント矯正はインプラント(またはミニインプラント)を固定源として使用することによって歯の確実な移動が可能となり、良い治療結果が得られやすくなります。インプラント矯正は、舌側矯正と同時に行われる場合もあります。

手術法は、簡単な麻酔をして歯と歯の間の骨に、インプラントを植立します。手術は、15分ほどで終了し、手術中の痛みはほとんどありません。インプラントを埋入した日は、激しい運動を控えて頂く程度で、翌日には痛みを感じることもほとんどありません。ヘッドギアや、口腔内ゴムの使用は激減、または必要なくなります。矯正治療が終了した後、インプラントは撤去します。撤去時には痛みも小さく、麻酔も必要ないことがほとんどです。

よくあるご質問 さまざまな装置 治療の流れ 症例のご紹介 予防矯正とは 子供の矯正治療 成人の矯正治療